エッチの安売りは女性の価値を下げる

  1. 2012/04/25(水) 17:08:11|
  2. ・エッチの安売りは女の価値を下げる|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
    >> 合コンセッティングなら【RINOVA STYLE】

好きな人と恋愛をすれば、ゆくゆくはエッチまでいくのはごく自然の流れです。

でも、交際して間もないのに成り行きでカラダを許してしまうのは、やめておいた方が無難です。

というのも、男性は恋と性衝動を勘違いしていることがよくあるからです。

たとえば、以前からあなたに好意を寄せている彼がいるとします。しかし、彼の心をよく覗いてみると、あなたが好きだという気持ちと、単にあなたとエッチがしたいという気持ちを混同してしまっている場合がよくあるんです。

しかも、かなりやっかいなことに、彼は自分のそうした気持ちにまったく気付いていません。だからこちらも、相手が純粋に自分を好きでいてくれていると錯覚してしまいがちなんです。

ですが大抵の場合、こういう男性は2〜3ヶ月も交際してみると、明らかにその傾向がハッキリと分かります。

とくに、こんな男性には要注意です。

1,交際して間もないのにエッチばかり要求する男性

2,エッチが終わると態度が変わる男性(そっけない、冷たい、無口になるなど)

3,交際2〜3週間で浮気をする男性(又はその可能性が高い)

まず、【1】の「交際して間もないのにエッチばかり要求する男性」。こういう男性は、とくに注意をした方がいいですよ。エッチに飽きるとすぐに女性をポイ捨てし、次々と新しい女性に乗り換えていくタイプです。

次に、【2】の「エッチが終わると態度が変わる男性」。これなんか最低ですよね。自分が満足したらそれで終わり!その後の余韻がまったありません。もし、本当に好きなら、エッチの後にもちゃんと優しさをみせてもらいたいものです。

最後に、【3】の「交際2〜3週間で浮気をする男性」。正直、こんな男性とは今すぐ別れた方がいいです。そのまま交際を続けても、あなたが辛い思いをするだけです。こういう男性は、最初からカラダが目的で、エッチに飽きればすぐに浮気します。

まぁ、男性は女性に比べて性衝動が強い生き物ですから、エッチが大好きなのは分かります。でも、本当は恋心がないのにエッチだけ要求されても困りますよね。こちらだって、男性の性欲を満たすだけの道具ではないのですから。

そこで、ひとつだけアドバイスです。相手がいくら要求してきても、そう簡単にはエッチをさせないようにしましょう。そうすることで女性としての価値が断然あがりますし、下手に遊ばれてポイ捨てされるような惨めな女性にならなくてすみます。

たとえば、売れっ子キャバ嬢をイメージしてみてください。彼女たちの周りにはたくさんの男性たちが言い寄ってきますよね。真面目な人もいるけど、中にはキャバ嬢とのエッチが目的の男性たちもたくさんいます。彼らは何とかして彼女を落とそうと、高いお酒を頼んだり、頻繁にお店に通ったり様々な努力します。

しかし、そこはさすがにプロの小悪魔!そう易々と男性たちに落とさるような彼女たちではありません。それはそうですよね。キャバ嬢は仕事として男性たちの気を惹いているのであって、恋愛相手を探しにお店に来ているのではないですから。

もはや難攻不落の彼女たち、そもそもキャバ嬢を口説くこと自体が至難の業です。しかし、それが分かっていても懲りずに男性たちはお店に通い続けます。

一体、どうしてなのでしょうか??

答えは簡単です。実はこれ!キャバ嬢が得意とする客寄せのテクニックに男性たちが見事に引っ掛かってしまっているからなんです。

彼女たちは、どんなにステキな男性に口説かれたとしても、即座にOKサインは出しません。ましてや、それがエッチのお誘いならなおさらのことです。

しかし、彼女たちは単に相手の誘いを断るようなこともしません。彼女たちは、相手の誘いをストレートに断るのではなく、ある程度の期待を持たせたうえで、丁寧に断るようにしているんです。

たとえば、エッチの誘いを受けた場合…

「え〜どうしようかな…じゃあ‥もう少し仲良くなろうそしたら考えとくね

こう言われると男性たちは…

「よし、頑張ってお店に通って彼女を指名するぞ!」

「そうすれば、いつか彼女とエッチができるかもしれない!?」

と‥都合のいい期待を勝手に抱くわけです。

でも、よく考えてみてください。仲良くなろうといわれても明確な基準があるわけではないですし、仮に親しく慣れたとしても、彼女は「考えておく」、としか言っていないわけです。これじゃエッチができる保証なんてどこにもないですし、普通に考えてちゃんとした約束にはなりませんよね。

もちろん、男性たちだってそのあたりのことは十分に承知しています。

しかし、それにもかかわらず勝手にエッチを期待してしまうのは、心のどこかで常に希望を抱いている自分がいて、それがたとえ微かな希望だったとしても、どうしても彼女の言葉を信じていたい気持ちがあるからだと思うんです。

人間は自らの心のバランスを保つために、都合が良い話だと分かっていても、それを信じずにはいられないときがよくあるものです。おそらく、キャバ嬢に言い寄る男性たちも、そんな気持ちなのではないでしょうか。

いずれにせよ、彼女たちは男心を操るプロの小悪魔。相手の本音をうまくかわしながら、それなりの期待を抱かせてエッチを断ります。

人は簡単に手に入れたものにはまったく価値を感じませんが、一生懸命ガンバって苦労しながら手に入れたものは、本来以上の価値を感じるものです。

このことは、男性が女性を落とすときにも同じことが言えると思います。だからこそ女性は、そう簡単にエッチをさせてはけないんです。

彼を焦らせば焦らすほど、あなたを手に入れたときの彼の喜びは大きくなります。たとえ最初はエッチが目的であったとしても、あなたを手に入れるためにガンバった努力の過程は、いつしか彼の心を本気の恋が満たしていくはずです。

エッチがしたいのか、恋がしたいのかよく分からないのが男性なら、その曖昧な心のバランスを女性のあなたが恋心に傾けてしまえばよいわけです。

合コンセッティングなら【RINOVA STYLE】