失恋を次の恋へのチャンスに変える

  1. 2012/04/25(水) 17:04:57|
  2. ・失恋は新たな恋を実らせるチャンス|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
    >> 合コンセッティングなら【RINOVA STYLE】

どんなにステキな恋愛にも、必ず別れはやって来ます。結婚というゴールを迎えない限り、ラブラブな恋人同士であっても、いつかは別れる運命にあるのです。

よく「恋の賞味期限は4年」という言葉を耳にしますが、期間はともかくとして、やがてふたりの仲はマンネリ化しますし、ケンカの回数も増えてきます。

そうでなくても、お互いの夢、生き方など様々な理由から、お互いこれ以上一緒にいることが難しくなるときがあります。

それらを乗り越えて、お互い結ばれるまで愛を育んで行ければよいのですが、そこまで至らなければ、やがてその恋は終わりを迎えます。

そんなことは分かっていても、実際に別れを受け入れるのは辛いことです。相手と一緒に過ごした時間が長いほど、それだけ別れも辛くなります。

しかし、お互いの気持ちがすでに離れてしまっているのに、いつまでもカタチだけの恋を引きずるのはよくありません。

別れは相手から告げられても、自分から切り出すのも辛いことですが、多少のダメージは覚悟してしっかりケジメをつけた方がよいでしょう。もし、相手がなかなか別れを切り出せないでいるなら、こちらから別れを告げるのもひとつの手です。

辛いことかもしれませんが、恋の終わりにはきちんとピリオドを打つことが大切!そうしないと、次の恋に進むことができませんからね。

もし、相手の顔を見るのが辛いなら電話でも構いませんし、声を聞くのが辛いならメールだっていいんです。とにかく、きちんと相手に別れを告げましょう。

また、自分より先に相手の方から別れ話を切り出してきた場合は、彼の言葉を素直に受け入れることが大切です。

ケンカをした勢いで、「もう別れよう」と彼が切り出してきたのならともかく、そうでない限り彼だって何日も前から悩んで、ようやく決心して別れ話を持ち出してきたはずです。そんな彼に、「お願い!別れないで!!」とすがってみても、おそらく彼の心は揺るぎません。彼の中では、すでにその恋は終わっているのです。

きつい言い方ですが、改まった調子で彼から「別れよう」と宣告された場合、ほぼ間違いなく巻き返しは不可能です。悲しくて涙があふれてくる気持ちは痛いほど分かりますが、彼との恋はその場でキッパリ断ち切りましょう。

よく終わった恋に未練を残して前進できない人がいますが、こういう人の共通点は過去の恋を思い返しては立ち止まり、やたらと反省してしまうことです。

しかし、世の中にはどうしようもない事や、考えても仕方のないことがたくさんあります。そんなことであれこれ悩んでみたところでハッキリ言って時間のムダ。悩めば悩むほど未練が増すだけで、いくら考えても答など出て来ません。

辛いかもしれませんが、終わった恋はキッパリ諦めて、次の第一歩を踏み出しましょう。その方が、新たな恋のチャンスが掴みやすくなります。

実際、恋愛上手と呼ばれるモテる女は、例外なく過去の恋には執着しません。そんなエネルギーがあるなら、全力でそのエネルギーを次の恋に注ぎます。

失恋は確かに辛いことですが、同時に新しい恋のチャンスを運んで来てくれます。モテる女は感覚的にそれを知っているから、過去の恋を引きずって、いつまでもめそめそしたりはしないんですね。たしかに、流した涙の数だけ女性は磨かれていきますが、恋運を引き込んで来てくれるのは笑顔だけです。

成功哲学で有名なナポレオン・ヒル博士もこう言っています。

「あらゆる失敗、挫折、逆境の中には、それと同等か、もしくはそれ以上の成功の種子が隠されている」

恋愛においてもまさにそうで、一見、辛く苦しい失恋という状況の中にも、次の恋を成功させるために必要な種子がちゃんと隠されているんです。

いずれにせよ、いつまでも過去の恋に縛られているより、積極的に次の恋を探しに行った方が気が晴れますし、新たな出会いのチャンスも増えていきます。

合コンセッティングなら【RINOVA STYLE】