情熱的な恋愛感情とそのコントロールがモテる女の秘訣

  1. 2012/04/25(水) 17:09:54|
  2. ・感情と理性のコントロールが恋愛上達の秘訣(前編)|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
    >> 合コンセッティングなら【RINOVA STYLE】

モテる女の人ってどちらかというとクールで、何となくさめた感じがするイメージを持つ人も多いと思います。

たしかにモテる女の人は、男性からのアプローチも多いし恋愛経験だって豊富。だから異性との会話にも慣れているし、そう簡単には恋愛感情に火が付くことがない感じがするものです。

ところが、彼女たちって意外にも意外!人並み以上に感情的なんですよ。まず、よく笑うしよく泣きます。おしゃべりも大好きで、合コンやパーティーでは自分から積極的にお目当ての男性にアタックしていきます。一見した感じでは、元気のよいごく普通の明るい女の子のイメージです。

それと面白いことに本人は、あまりモテるとかモテないとかは意識していないようです。おそらくフィーリングの合う男性と仲良くなれたらラッキーくらいにしか考えていないのではないでしょうか。

まぁ、そんな彼女たちですから恋愛を必要以上に深刻に考えるようなことはしませんね。彼女たちのモットーは、つねに恋愛をとことん楽しむことです。

だから、大好きな人ができると心の中では彼にベッタリ、ラブラブ状態。とっても情熱的な恋愛をします。

ですが、さすがにそこはモテる女と呼ばれるだけのことはあります。彼女たちは自分の感情をきちんとコントロールして、彼に飽きられない程度の距離をうまく保ちます。彼女たちは情熱的な恋愛をしますが、それを持続させるうえで必要な相手との距離をちゃんと知っているんですね。

燃えるような恋愛をすることは素晴らしいことですが、それゆえに相手の男性を束縛してしまうことはよくあることです。しかし、そのような恋愛は短命に終わる可能性が高くなります。

女性は思考空間が1つで、その中で過去や未来、また友達や恋人のことまでたくさんの情報が流れ処理しています。

あなたもありませんか?通学や通勤の途中、また本来なら1つの事に集中しなければならないクラブ活動や仕事の最中、つい大好きな彼に想いを馳せたり、彼と突然話がしたくなったりすることが…。これは、1つの思考空間の中にたくさんの情報が流れる女性特有の現象なんです。

しかし、男性はそうではありません。男性の思考空間は複数存在し、その間を行ったりきたりしています。このため、何か1つの事に集中しているときには、他の別な事を考えたりすることが苦手なのです。

たとえば、彼の声が突然聞きたくなって思わずケイタイに電話をしたら、「今、ちょっと忙しいから後にしてくれよ」なんて釣れない返事が帰ってくることってありませんか?これなんかは典型的な例で、彼の意識が何か1つの事に集中しているために起こる現象のひとつなんです。

つまり、男性は複数の思考空間を持ちますが、それを一度に処理することは苦手なんですね。したがって、仕事をしているときにはそのことしか頭になく、それ以外のことを考えようとしないのが男性の特質なんです。

この点がわかっていれば、どんなに相手のことが好きでずっと一緒にいたくても、彼をしつこく追い回すだけの恋愛は、逆に相手を疲れさせるだけだということがよく理解できると思います。思考空間を1つしか持たない女性の場合、恋モードに入るとそのスイッチを切るのはなかなか難しいかもしれませんが、よく状況を読んで、臨機応変に気持ちを切り替えることがステキな恋愛をする秘訣といえます。

もちろん、恋愛は情熱的であってかまわないですし、燃えるような恋ができるなんて素晴らしいことです。恋愛感情で胸が高鳴れば高鳴るほど、あなたの表情は輝いてみえますし、そういう気持ちは何となく相手の男性にも伝わるものです。

人は相手が自分に好意を持っていることがわかると、自分もその相手に対して好意を持つ性質があります。ですから、相手を想う気持ちが強ければ強いほど、相手が自分を想ってくれる気持ちが強くなる可能性はたしかにあります。

ですが、その情熱に流されるだけの恋愛はNGですよ。先ほども言いましたが、よく状況を読んで、気持ちを切り替えることも大切です。お互いにあまりベッタリし過ぎても恋は長続きしないものなんです。

実際にあなたの周りにいる恋の達人と呼ばれている女性たちをよく観察してみてください。どんなに情熱的な恋愛をしても、その感情に流されることなく自分をしっかりコントロールできる人たちばかりだと思います。だから彼女たちは、恋も長続きするしステキな恋愛ができるんです。

たしかに感情のコントロールは、時として辛さを伴う場合もありますし簡単なことではありません。とくに恋愛感情のコントロールは、尚更その傾向が強いかもしれません。ですが、その恋を本当に大切にしたいと願うのなら、時には自分の気持ちを理性でコントロールできる強い精神力も必要なことなんです。

口で言うほど簡単なことではありませんが、恋愛を思いっきり楽しむためにもガンバッテくださいね。

合コンセッティングなら【RINOVA STYLE】